中学受験では塾選びが大切だと実感

2016年の筑波大付属中学の合格の鍵は国語でした。今では中学受験も当たり前になっていますが、私の息子も中学受験しました。希望の中学に行くために、小学校の時は本当に勉強を頑張っていました。今では希望の中学にも入る事が出来て、本当に楽しそうに中学生活を送っています。私自身息子と一緒に中学受験を体験して、本当に色々と勉強になりました。何が一番大事かという事も分かったのですが、私が思った事は塾選びです。
息子は小学校に入った時から、塾に通っていました。最初は団体で授業を受けるような所で、特にそこで問題無いと私自身は思っていました。しかしだんだん息子の成績が上がらなくなり、私自身何が原因か気づくことが出来なかったんです。

塾を変えて正解でした

そんな時に塾を変えてみようという事になり、今度は個人授業がメインの塾を選びました。すると、息子の成績もどんどん上がるようになりました。後から息子に聞いた事なんですが、どうやら最初の塾では思い通りに質問できなかったり、周りと競争してる感じが少し嫌だったようです。なかなか相談できなかったようで、私達親がもっと早く気づいて上げれれば良かったと思いました。
どの塾に通わせるかというのは重要で、それは親が選ぶ事になるので、周りの評価だけじゃなくて、子供に合った中学受験塾を選択する事が大切なんだと知る事が出来ました。