子供の性質に合った塾で中学受験へ

子供が小学校低学年の頃は、中学受験はせず地域の公立中学校に行けば良いと思っていました。最低でも学校の授業内容だけは理解できるように、通信教育の教材を使っていました。
ところが、学年が上がるにつれ勉強が難しくなり、本人が困っている様子が見え始めたので、やはり通信教育だけでは無理なのかもと思い、塾か家庭教師という事を考えだしたのです。
うちの子は内向的な性格で、学校でわからない所を先生に聞きに行くのも一苦労です。家庭教師を頼んでも、きちんとわからない所はわかるまで何度も質問できるかどうか、まずそこが心配で二の足を踏んでいました。
そんな時、使っている通信教育のサポートをしてくれる個別指導の塾がある事を知り、思い切って一歩進んでみる事にしたのです。幸い自宅から徒歩圏内にあり、通いやすいという事も条件的に良かったのです。今までの教材を使いながら、直接指導してもらう事ができ、わからない所もスムーズに教えてもらえたので、すすんで子供が勉強をするようになっていきました。そうすると伸び悩んでいた成績がぐんぐん上がり、自信がついたのか中学受験をしてみたいと言うようになったのです。個別指導で、まさか本人がそこまでやる気になるとは思っていなかったので驚きました。今までの教材を使う塾のシステムも、子供がすんなり入り込む事ができ、中学受験という目標に結びついたのだと実感しています。